ウクライナ難民支援のために、倉敷市立短期大学学生会と地元児島の坂本織物有限会社が、真田紐のオリジナル・リボンバッジを協働で作製し、チャリティ販売しました。収益は、学生会が募金活動で集めた義援金とともに、倉敷市に寄託します。(材料費を精算して20万円を9月5日に寄託)

メニューの表示/非表示