教育課程編成・実施の方針:カリキュラム・ポリシー

 

全学カリキュラム・ポリシー

本科カリキュラム・ポリシー

 本学の理念・教育目的及びそれに基づいた学科ごとの教育目的を達成するために,主に全学共通の基礎科目と学科ごとの専門教育科目の二つの枠組で,講義,演習,実習等を体系化したカリキュラムを編成し,学生に提供する。基礎科目は,両学科の学生が共通に受ける授業と位置付け,教養の基盤となる学問領域の科目履修を求めるカリキュラムを置く。また,専門教育科目は,学生が属する学科に特有の授業内容で構成され,各学科等の教育目的に則した科目群の履修が可能なカリキュラムを定める。

専攻科カリキュラム・ポリシー

 本学の理念・教育目的及びそれに基づいた学科ごとの教育目的を達成するために,専攻科では,主に両専攻共通の関連科目と専攻ごとの専門教育科目の二つの枠組で,講義,演習,実習等を体系化したカリキュラムを編成し,学生に提供する。関連科目は,専攻科の専門基礎教育を担う科目を置く。また,専門教育科目は,学生が属する専攻に特有の授業内容で構成され,各専攻の教育目的に則した科目群の履修が可能なカリキュラムを定める。

 

 

本科カリキュラム・ポリシー

保育学科カリキュラム・ポリシー

1.社会人としての基礎を養うための基礎科目を設置する。
2. 保育の専門的知識及び技能を習得するための「保育の本質・目的」,「保育の対象の理解」,「保育の内容・方法」,「実習」,「総合演習」に関する演習・実習科目を設置する。
3.保育力を養うための保育実習,教育実習科目を設置する。 4.総まとめ科目としての保育・教職実践演習及び総合演習を設置する。

服飾美術学科カリキュラム・ポリシー

1.服飾美術学科は,全学共通の基礎科目,及び3つの重点分野(ファッション,デザイン・アート,及び情報・地域・ビジネス)の専門教育科目を学ぶことで,社会に貢献できる人材育成をめざしている。  また,地域産業との交流を通じて自身のキャリアデザインを描けるよう,地元企業とのインターンシップや講義・演習を設定している。
2.1年次前期では,豊富な演習・実習と講義を通じて,必要不可欠な基礎的な知識・技能を習得していく。個々人の適性を伸ばすトレーニングを膨らませ,本人が目標とする進路へ対応可能なスキルを磨いていく。
3.1年次後期では,基礎的な知識・技能を習得に加え,3つの重点分野を多角的な視点から考察していく。さらに,学生は5名程度のゼミナールに所属し,卒業研究の準備に取り組む。
4.2年次では,専門領域の研究を通じて洞察力と創造力を養う。それぞれの所属するゼミナールにおいて,卒業研究(作品制作,論文作成)に取り組む。自分自身でしっかり物事を捉え考えられるように,教員と,または学生相互のコミュニケーションを繰り返しながら研究を深めていく。

 

 

専攻科カリキュラム・ポリシー

保育臨床専攻カリキュラム・ポリシー

 保育臨床専攻では,大学の教育理念や専攻科の教育目的に基づき,次のような能力を修得し,かつ所定の単位を取得した学生に「学士(教育学)」を授与する。
1.知識・理解  保育の理論及び保育臨床実践力を修得し,子どもの最善の利益を考え,地域の子育て支援にあたることができる。
2.汎用的技能  保育に関わる職業生活や社会生活において,必要な情報を収集・整理し相互に関連づけながら,自分の考えを適切に表現できる。
3.創造的思考力  保育に関する専門的知識と保育臨床実践力を総合的に活用し,主体的,創造的に課題を解決することができる。
4.態度・志向性  保育者として,子どもと子育てにやさしい社会づくりの責務を理解し,地域社会においてグローバルな視点に立ち,リーダーシップを発揮することができる。

服飾美術専攻カリキュラム・ポリシー

服飾美術専攻は2年制の専攻科である。大学評価・学位授与機構に学位申請を行い,審査に合格することで「学士号(家政学)」を得ることができる。
1.知識・技能  専門的知識・技能を修得し,生活や地域・社会に活用できる能力を身に付けている。
2.応用・発展能力  自ら課題を発見し,必要な情報を収集・選別して,それらを多角的な視点から論理的に分析し,問題を解決する創造力を身に付けている。
3.態度・志向性  自立した社会人としての意識と向上心を持ち,地域の生活・社会の発展に積極的に貢献できる力を有している。