入試情報

ディプロマポリシー

学位授与の方針:ディプロマ・ポリシー

 

全学ディプロマ・ポリシー

本科ディプロマ・ポリシー

短期大学士の学位は,本学に二年以上在学し,学則に定める所定の授業科目を履修して,基準となる単位数を取得して本学を卒業する者に授与する。主に全学共通の基礎科目を通じて行われた教養教育と,各学科の専門性・特性に応じて編成された専門教育をともに修得し,地域社会に寄与し得る教養豊かな社会人として,豊かな人間性と創造力を備え,幅広い教養と実践的な専門性を身につけていることが必要である。

専攻科ディプロマ・ポリシー

学士の学位は,専攻科に2年以上在学し,学則に定める所定の授業科目を履修して,基準となる単位数を取得して本学専攻科を修了した者が,大学評価学位授与機構の審査に合格することによって授与される。

 

 

本科ディプロマ・ポリシー

保育学科ディプロマ・ポリシー

保育学科では、大学の教育理念や学科の教育目的に基づき、次のような能力を修得し、かつ所定の単位を取得した学生に「短期大学士(教育学)」を授与する。 (1) 知識・理解 保育の基礎的理論を理解し、高い倫理観を備えた専門職業人として保育実践に臨むことができる。 (2) 汎用的技能 保育に関わる職業生活や社会生活において、他者と交流して学び合い、主体的に問題を発見し、解決する力を備えている。 (3) 態度・志向性 保育に強い関心や探究心を抱き、あたたかい献身の心と責任感により、地域社会への支援に惜しみなく取り組む姿勢を備えている。 (4) 創造的思考力 保育課題を子どもや自身の成長の機会と捉え、実習、ボランティア活動等の社会経験で養われた力により、主体的・創造的に課題を解決することができる。

服飾美術学科ディプロマ・ポリシー

服飾術学科は、学科の教育目標に基づき、ファッション・ビジネス・造形デザインといった3つの基礎教育に関する基礎的な理論および実技を身につけ、所定の単位を取得した学生に短期大学士(服飾美術学)を授与する。

 

 

専攻科ディプロマ・ポリシー

保育臨床専攻ディプロマ・ポリシー

保育臨床専攻では、大学の教育理念や専攻科の教育目的に基づき、次のような能力を修得し、かつ所定の単位を取得した学生に「学士(教育学)」を授与する。 (1) 知識・理解 保育の理論および保育臨床技術を修得し、子どもの最善の利益と地域の子育て支援にあたることができる。 (2) 汎用的技能 保育に関わる職業生活や社会生活において、必要な情報を収集・整理し相互に関連づけながら、自分の考えを適切に表現できる。 (3) 態度・志向性 保育者として、子どもと子育てにやさしい社会づくりの責務を理解し、地域社会においてグローバル的な視点に立ち、リーダーシップを発揮することができる。 (4) 創造的思考力 保育に関する専門的知識と保育臨床技術等を総合的に活用し、主体的、創造的に問題を解決することができる。

服飾美術専攻ディプロマ・ポリシー

服飾術専攻は2年制の専攻科である。大学評価・学位授与機構に学位申請を行い、試験に合格することで学士号(家政学)を得ることができる。デザインを機軸にして物事を考え、学びを地域社会および産業に活かす能力を身につけることができる。

 

 

メニューの表示/非表示